金属アレルギーの恐怖から健康生活へ メタルフリー治療

ネックレスや指輪などを付けると、肌が負けてしまって荒れる方がいらっしゃいますが、これが代表的な金属アレルギー(接触性金属アレルギー)です。

しかし、金属アレルギーは目に見えない形で、いつのまにか全身に影響を及ぼして いることがあるのです。

金属アレルギーという言葉をご存知ですか?

金属アレルギーは人体のメカニズムを狂わせることから、肥満、糖尿病、自閉症、発癌、老化などとも無縁ではないという見解も出されています。

具体的な病名としては、掌蹠膿疱症、扁平苔癬、皮膚炎などの歯科金属疹(遅発性金属アレルギー疾患)が挙げられます。

口の中の金属、つまり歯科用金属は、大変過酷な環境のため、イオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。

特に口腔内に2種類の金属が存在した場合、質の良くない方の金属(イオン化傾向の高い金属)の溶けるスピードが加速します。

以下は金属アレルギーを起こしやすい金属のパッチテストした結果です。

1位水銀23% 2位ニッケル 13.5% コバルト13.5% 3位スズ12.8% 4位パラジウム 11.3% 5位クロム 9.5%

※パッチテスト等アレルギー治療は、専門医をご紹介させていただいております。

なんと、1位のアマルガム〜6位のクロムまで、すべて歯科でよく用いられている金属ばかりなのです!

一説によると、長年にわたり、日本では歯科用金属を口腔内に用いてきたことで、多くの人が金属イオンに触れた結果、感作され(アレルギーを起こしやすい状態になること)て、全国的に金属アレルギー患者が増えているのではというものもあります。

特に保険治療でよく使われる、12%金銀パラジウム合金というものがあるのですが、これはアレルギーを起こしやすい成分であるパラジウムとスズが含まれています。

また、今まで日本では、虫歯治療と言えばアマルガム水銀とよばれる、水銀を詰め物として使ってきました。

あの危険なイメージのある水銀をお口につかっているんですか?

よく患者さんに驚かれますが事実なのです。

昔は材料学が発達しておらず、今の歯科治療でよく用いられるレジン(プラスチック)がなく、形を整えたりしやすいアマルガム水銀が用いられていました。

水銀は簡単に口腔内で溶けていきます。溶けてイオン化した水銀は、どんどん体に取り込まれていきます。

金属を用いない治療メタルフリー治療

それではそれぞれの成分や、特徴についてご説明いたします。

セラミック

セラミック 陶材(お皿など)のことです。
■利点 光の透過性が歯に似ており、抜けるような美しい白さを持つ。
審美性が高い素材。とても硬い。
色が変化せずいつまでも美しい。
■欠点
割れやすいので、ある程度厚みが必要。
高価

ハイブリッド

ハイブリッド 強化プラスチックのことです。
■利点
歯に近い硬さで割れにくい。
色に多様性があり、様々な色の歯に対応できる。
手頃な価格。
■欠点
少し色が変化する。

ジルコニア

ジルコニア 鉱石の一種で、宝石や人工ダイヤとして使われます。
■利点
非常に固くて、丈夫。
土台の色を隠し、白さを出すことができる。
■欠点
非常に固いので、一度装着すると外すのが大変。
高価