舌足らず・ろれつが廻りにくい方へ

舌の下についている小帯が、舌の先端寄りにくっついていると、充分に舌が前方へ出にくくなります。

舌を大きく前に出したい時に、充分に出なかったり、がんばって出そうとすると舌のつけ根が痛くなったりします。

それらは、「舌小帯」と大きく関係しています。

舌小帯とは

舌の下にあるひだ

鏡を見ながら口を大きく開け、舌を喉の方へ丸めると舌の下側が見えます。舌の中央にひだのようなものが見えるのが「舌小帯」です。

ハート舌舌小帯は、舌の動きを調節する大事な役割をしています。この舌小帯が生まれつき短い人は「舌小帯短縮症」または「舌癒着症」といいます。

舌を前に出した時に、舌の先が十分に伸びないため下へ引っ張られて、舌の先がへこんでハート型に見えることから「ハート舌」とも言われます。

治療方法

上記に述べた症状の場合には、麻酔下で電気メス等で簡単な手術をすれば改善されます。

使用器具

使用器具

治療の流れ

まず「オラキックス」という速効で効果が出る表面麻酔で痛みを感じなくしてから、電動麻酔器で麻酔をします。

次に電気メスで舌小帯に横切開をいれ、充分に舌が伸びる様になったら、縫合します。

しばらくは辛いものがしみますが、4〜5日すると糸がとれます。

治療の流れ

症例写真

症例1
症例2