成人の80%が歯周病

歯周病とは、歯と歯肉の隙間にバイ菌が入り込み、歯を支えている組織を破壊し始めることです。

現在日本では、成人の約80%が歯周病と言われています。

歯周病チェックリスト 一つでも当てはまる項目がある場合は、歯科医院を受診することをオススメします

歯周病の進行

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎
歯と歯肉の隙間に歯垢がたまり、歯肉が腫れてきます
軽度歯周炎
歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)に歯石がたまり、歯肉が赤く腫れます
中等度歯周炎
歯周ポケットが深くなり、歯がグラグラしてきます
重度歯周炎
歯のグラつきが大きくなり、歯が抜け落ちてしまうことも

治療方法

歯周組織を回復させるには、次のような治療方法があります。

エムドゲイン

歯周病が進行すると歯周組織が破壊されてしまいます。歯周病の原因(歯垢や歯石)を取り除いても、破壊された歯周組織はなかなか元に戻りません。そこで登場したのが「エムドゲイン」です。エムドゲインとは歯周組織再生誘導材料のことで、歯肉を切開・清掃した後にエムドゲインを塗り、歯周組織を再生させる方法です。

エムドゲインエムドゲイン

GBR法

GBR法 GBR法とは骨再生誘導法とも言い、骨が不足している部分に骨の再生を助ける材料を埋め込み、その上に膜をはって、骨を再生させる方法です。