歯根破折と歯の再植

歯根破折とは

歯の根の部分である歯根が割れる現象です。
破折の仕方によっては、そこから細菌感染が生じて歯の神経に炎症を引き起こし、重症化すると抜歯をせざるを得ない場合がありますが、歯の状態によっては再植という方法でご自身の歯を残す治療方法があります。

歯根破折になる原因

強い咬合力です。特に歯の神経がなくなって、歯根の中にポストコアー(土台)が入っている歯は、歯ぎしりや食いしばりなどが習慣化していると、歯の根っこに強い圧力が加わるため、歯根が破折してしまうことがあります。
また、硬いものを噛んだ時や、転倒して歯に強い衝撃が加わった時などにも歯根破折が起こることがあります。

ご自身の歯を利用する再植と移植

歯の再植

歯の再植というのは、文字通り歯を再度同じ場所に戻すことを「再植」と言います。 けがや事故などで歯が抜けてしまった場合や、強く打って歯が歯茎の中に埋まってしまった状態では治療にも限界があります。 そこで、いったん歯を抜いて処置を行ってから元の生えていた場所に歯を戻します。 最近では無意識のうちに歯をくいしばってしまった際におこるクレンチングでの歯折でも再植をおこなって治療することが増えています。 人工歯ではなく、ご自身の歯を使いますので経過に問題がなければ、非常に有効な治療方法です。

歯の移植

歯の再植と同様、何らかの理由で歯を失ってしまった場合、補う方法としてはインプラント治療や義歯などもありますが、 もともと生えていた所とは別の場所にご自身の歯を植える治療を「移植」といいます。 歯の再植と同様、経過に問題がなければ移植された歯は今までの歯と同じように使え、体にも優しい治療方法です。

治療に使用する器具

使用器具

歯根破折の治療

1 まず、周囲組織と歯根膜にダメージを与えない様に抜歯します。
抜歯抜歯
2 生きている歯根膜組織に直接触れないようにし、生理食塩水を浸したガーゼ等で保持しながら、超音波スケーラー「スプラソン」等で破折面をクリーニングします。
クリーニングクリーニング
3 スーパーボンド「ラジオペーク」で破折した歯を接着し、体温位に温めた生理食塩水の中で硬化させます。
接着接着接着
4 歯根膜を傷つけないように、溢れ出た余剰のスーパーボンドを研磨します。この時ラジオペークだと境界がはっきり見えるので、取り残しの心配がありません。
研磨研磨
5 接着済の歯牙を元の抜歯窩へ戻して、隣接着にスーパーボンドで接着して、2ヶ月位経過観察します。
この時、歯を抜歯窩の中へ強く押し込まないようにして、わずかに浮かし気味にしておくと、アンキローシス(歯根と骨との癒着が原因で、歯根の吸収がおこること)がおこりにくくなります。
再植再植