虫歯―治療より予防を心がけて

虫歯ができてしまうと通常は歯を削って治療していました。

しかし、一度削ってしまった歯は2度と元には戻らないのです。

ですから、虫歯の仕組みを知って、しっかりと予防に努めましょう。

ミュータンス菌

歯は虫歯菌がお口の中で繁殖することによって、虫歯になっていきます。虫歯菌の代表的な ものが「ミュータンス菌」です。

ミュータンス菌は、食べ物の糖分から水に溶けない物質(歯垢)を作り出し歯にくっついてしまうのです。さらに歯垢内に細菌が繁殖するとバイオフィルムができ、これらが酸を作ります。酸は歯を溶かし始め、これが虫歯となるのです。

治療方法

MI治療

どんなに予防を心がけていても、虫歯になってしまったら・・・

そうなってしまったら歯を削る必要があります。

従来の治療方法では、虫歯以外の部分も大幅に削る必要がありましたが、一度削ってしまった歯は二度と元には戻りません。そのため、現在では出来るだけ歯を削らないように、削っても必要最小限にとどめ、今ある歯を大切にする 「MI(Minimal Intervention)治療」をご提案しています。

治療前 染色 虫歯のみ削る 治療後
虫歯 治療前 虫歯だけしか削れない
器具で染色しながら
治療します。
虫歯のみ削りました 治療後
コンポジットレジン
(歯と同じ色の薬)をつめて完了

リカルデント

最近、スーパーやコンビニなどで「リカルデントガム」を見かけると思います。

このリカルデント(CPP-ACP)は牛乳から作られている物質です。

虫歯はバイオフィルムが酸を作り、その酸が歯のカルシウムなどを溶かすことから虫歯が出来ます。

皆さんご存知の通り、牛乳はカルシウムがたくさん含まれていますので、牛乳から作られたリカルデントで溶けかけたカルシウムを補うことが出来るのです。

これを歯の再石灰化といいます。