削らずに治す! 痛くない、怖くない『無痛小児歯科』

虫歯にも進行状態で色々と種類があります。初期虫歯COと呼ばれる状態であれば、予防処置で進行を抑えるだけで大丈夫。それより進行した虫歯でも、状態によっては特殊なお薬を塗るだけで、大丈夫なのです。

昔はなんでもかんでも削る時代でした。 実は子供の歯(乳歯)はとても薄いのです。削るとすぐに神経まで穴が開いてしまい、痛い思いをさせることになってしまいます。

いかに削らないで治すかが、いかに痛くないかにつながるのです。

当クリニックでは、普通であれば削る必要がある虫歯でも、削らずに治す方法 『無痛小児歯科』を行っています。

削らずに治す『無痛小児歯科』

ほとんど削らない治療を行います特殊なお薬を用いて、削らずに詰めて治してしまいます。

ほとんど削りませんので、当然麻酔の注射も必要ありません。

子供たちにとって、痛くなく、削らないので苦痛になりません。

素晴らしい治療法ではあるのですが、一つだけご了承いただくことがあります。 それは、“削らないので、取れやすい”ということです。

削れば取れにくくできるのですが、削ってしまうと、乳歯は高い確率で歯髄炎(神経の痛み)を起こします。

お手数ではありますが、取れた場合は、詰め直しをしますので、再度来院ください。

虫歯になりにくいお口の環境を作ること

当クリニックでは、最終的に“永久歯が生え揃った時に、虫歯になりにくいお口の環境を作る事”を目標としています。

逆に言えば、それほど乳歯を重要視していません。いずれは生え換わる歯であり、何十年も使う永久歯とは重要度が比べものになりません。

何十年も健康に使える永久歯列をプレゼントすることは、親からの最高のプレゼントだと考えています。詰め物が取れて、何度も来院いただくことは、保護者の方にとっては、大変な負担です。

しかし、乳歯の時期に、多く歯医者に通った子供ほど、永久歯になってから 虫歯が少ないというデータがあります。

少しでも子供たちにいい口腔衛生習慣、環境を作るため、ご理解の程をお願いいたします。